フレックスタイムの中身

転職先を選ぶ時に、働く時間帯などを自由に決められるフレックスタイムを採用している職場に魅力を感じる人もいるだろう。しかし、その際はメリットだけでなく、実際にどのような働き方なのかということを予め知っておくことも重要である。

そもそもフレックスタイムとは、主に1ヵ月あたりの総労働時間を決めた上で、ある指定された時間内であれば出勤時間と退勤時間を自分で自由に決めることができるという働き方のことだ。そして、フレックスタイムで設けられている時間の設定には、コアタイムやフレキシブルタイムと呼ばれるものがあることに注意しておきたい。

まずコアタイムは、絶対に会社で勤務をしなければならない時間帯のことであり、出勤時間と退勤時間は自由に設定できるというものである。一方のフレキシブルタイムは、出勤時間と退勤時間の間の幅のことであり、予め設定された時間帯であれば自由に出退勤の時間を決められるというものだ。また、他にもコアタイムやフレキシブルタイムが設定されていない、完全フレックスタイムと呼ばれるものもある。

フレックスタイムのメリットとしては、通勤ラッシュが避けられることや子供の通学の際に遅刻する必要がないことなどが挙げられるだろう。一方のデメリットとして、フレックスタイムを導入していない他社や社内の他部署との時間調整がしにくいことや、時間にルーズにならないように自己管理をする必要があることなどが挙げられる。